ウォーキングの風景


(2008/11/24)
古谿荘(こけいそう)

明治の元勲田中光顕伯爵の別荘として明治42年に完成。
格調高い書院造りに数奇屋造りを取り入れた貴重な建造物。
明治特有の洋風工法を活かした気候温和な駿河湾岸の
代表的な近代和風の別荘建築。
今は講談社の野間文化財団が所有しているが、富士川町と
富士市の合併を記念し、特別に2日間だけの一般公開!!

これは伊豆石のアーチ式石橋
古谿荘(こけいそう)

玄関カエデ広板の竿縁天井。

光を当てるときれいな色になると言われたが、
う〜ん、よくわからないな・・・
古谿荘(こけいそう)

庭園から見た富士山・・・
と言っても見えないな(苦笑)
古谿荘(こけいそう)

大広間。
奥には銅像がらしきものがあるが、
ピンボケで見えない・・・(涙)
古谿荘(こけいそう)

八角堂。
八角形の応接間だけど、
中を見ないとわからん。
古谿荘(こけいそう)

1万6千坪の敷地の中は、
林と言うか森と言うか・・・
古谿荘(こけいそう)

回遊庭園。
こんな広いと手入れは大変だ・・・

スタンプラリー台紙

「まちの駅」って沢山あるんだな・・・